FC2ブログ
大阪の工務店 旭栄建設を、私しゃちが、紹介します!
プロフィール

旭栄建設 しゃち

Author:旭栄建設 しゃち
ご訪問ありがとうございます。
旭栄建設は
大阪のちいさな工務店です。
ちょっとしたメンテナンスから
マンション・リノベーション、
店舗設計・施工、耐震改修工事・・・・
お客様のご要望・ご相談に取り組む
ベストパートナーを目指し、
日々努力しております。
リフォーム、建築工事の際には、
是非ご用命くださいませ。

株式会社旭栄建設
大阪府知事許可
(般-13)第104124号
建築工事業

〒566-0035
大阪府摂津市鶴野
2-9-19-103
TEL 072-638-9178
株式会社 旭栄建設
メール

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
無料お問合せはこちら↓

名前:
メール:
件名:
本文:

CATEGORY : うんちく
Index
休憩時にお茶を出すべきか?
これ、結構みなさん(お客さん)、悩んでるみたいですね?。
「お茶だしたほうが、安くしてくれるんちゃうん?」
「ちゃんと、出しとかなエエ加減にされるんちゃう?」
とかとか^ ^

まぁ、お茶を出す&出さへんで、工事がどうなるもんでもないですが、
出しておいた方が、自分の「気持ちも楽」になるんとちゃいますか?
しかし、出せない場合もあるやろうし、わずらわしい時もあるもんね。
そういう時は、

「いつも、いつもは無理なんですけど、チョットお茶入れましたので。」

とかいって、最初に釘を刺しておく
うん!これで、よろしいやん?
職人は別にお茶が出ないからといって、

「あ、ここ、お茶でぇへんなぁ。」

なんて言う奴は見たことがありません。また、そんなこと考えてる余裕はないしね!。
常に、施工の事を考えてるもんです。
ウチ以外の職人でも、どこでもそうだと思いますよ。

ただ、こんなこともあります。
■ある現場での話■

施主「にぃちゃ~ん、お茶入れたから、一服してー。」
「はい~~、ありがとうございます。」しかし、僕も職人も作業中。
すぐには飲みにいけないし、天井を作業してたりすれば、
返事が出来ないこともあります。

施主「にぃちゃ~ん、冷めてまうでぇ~、はよ飲みやぁ~。」
「はい~、もうチョットでいきます~。」
僕としては、作業中でもあり、こうとしか言えないんですわ~^^
その間、施主はリビングで、イスに座って待っててくれてる。
解かってるんです。しかし、仕事途中で一服はできんのですよ^^

施主「にぃちゃんっ!飲めへんねやったら、片付けるで!!」
「すいません~~~(泣)」

・・・・・・。
category : うんちく  comment : 0  track back : 0

悪徳業者とか
どこの建築関係のサイトにも、いろいろ書かれてますよね?この話題。
私達もやっぱり、いろいろな人からお話は聞きます。

「○○と言うところに頼んだら、メチャクチャ高かった!!」
「何か、(営業の)話聞いてたら不安になってきて。しゃーないから、頼んでもーた。」


ホンマ、千差万別!
中には、別に悪徳業者でもないのに、
「悪徳業者にやられてもーた!」って言う人もいたりね(笑)

僕はその手の話で、「イヤやなぁ~」と思うのは、
「自分ところは悪徳業者と違いますよ!。」って言うのを誇示する為に、
必要以上によその業者をこき下ろしてる業者を見た時ですね。
むかし、子供のときに、言われませんでしたか?

「ヨソはヨソ!ウチはウチ!。」って。

ヨソがどんな商売しようが、別に関係ありませんやん?
自分所がきっちりしてれば、別にヨソをこき下ろす必要もないですやん?

しかしまぁ、いろんなメディアでも言われている様に、そういった悪徳業者もいるわけですよね。
じゃぁ、そういった業者に当たらない為にはどうすれば良いのか?
結局は、事前に情報をしっかりと得て、自衛するしか無いと思うんです。
皆さんの様に、インターネットを利用している方々なら、検索と言う手段があります。
検索すれば欲しい情報はすぐ手に入ります。
しかし、その様な手段を持たない人で、友人やよくしてもらっている方々に、

「悪徳業者にひっかっかれへんにはどうしたらいい?」
ときかれたら、僕はこう言うでしょう。

「ウチに頼んだらええやん。」ってね^^
category : うんちく  comment : 0  track back : 0

FC2ブログランキング
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
copyright © 旭栄建設 しゃちのおはなし | Designed by ootataneko | HP素材屋